【遊戯王】蟲惑魔 カード徹底解説【LIGHTNING OVERDRIVE】

皆さんこんにちは、クロトといいます。
今回は、2021年1月16日に発売予定の新パック

LIGHTNING OVERDRIVEライトニング・オーバードライブ 
で新規カードが追加されるテーマ【蟲惑魔】について解説していきたいと思います。

↓↓↓解説動画はこちら(Youtube)↓↓↓

 

蟲惑魔の新規カード紹介

まずは、「LIGHTNING OVERDRIVE」で登場する新規蟲惑魔カードのご紹介です。

 

ジーナの蟲惑魔(評価:★★★★☆)

蟲惑魔カードでは初の「手札から特殊召喚」できるモンスターです。
①と③の効果が1ターンにいずれか一つしか使えないところは気を付けなければいけませんが、
手札から効果を発動して、後述する「セラの蟲惑魔」の効果を発動させることができるところが強力です。

 

クラリアの蟲惑魔(評価:★★★★☆)

「セラの蟲惑魔」と違い、リンク召喚の素材にモンスターを2体必要とするため、少し特殊召喚しにくいです。
「落とし穴」、「ホール」カードの発動後にセットしなおすといった変わった効果を持ちます。
後述する「王家の神殿」と相性が良く、セットした罠をもう一度発動できます。
また、③の効果で蘇生するカードは、②の効果セット効果との兼ね合いから「ティオの蟲惑魔」を蘇生するのが有力だと思います。

 

蟲惑魔の既存カードの紹介

次は、既にリリースされている蟲惑魔カードのご紹介です。

 

トリオンの蟲惑魔(評価:★★★★★)

召喚時に「ホール(落とし穴)」罠カードをサーチできます。
今カードを召喚し、セラの蟲惑魔をリンク召喚した後に、
サーチした「落とし穴(ホール)」罠をセットしてかまえるのが基本戦術となります。
特殊召喚時に魔法・罠を破壊する効果も汎用性が高く使いやすいです
(強制効果なので空撃ちが可能です)。

 

ランカの蟲惑魔(評価:★★★★★)

先ほどの「トリオンの蟲惑魔」とは異なり、こちらは召喚時に蟲惑魔モンスターをサーチできます。
モンスターのサーチよりも罠サーチの方が優先されることが多いため、
召喚権は「トリオンの蟲惑魔」に使うことが多いのですが、
汎用性の高い効果ですのでこちらも必須カードです。

 

ティオの蟲惑魔(評価:★★★★★)

召喚時に墓地の蟲惑魔モンスターを特殊召喚、
特殊召喚時に墓地の「落とし穴・ホール」罠カードをセットできます。
どちらも墓地を対象とする効果を持つため、墓地にカードが溜まる2ターン目以降に活躍してくれるカードです。

 

リセの蟲惑魔(評価:★★★☆☆)

自身をリリースすることで、墓地とデッキから「落とし穴・ホール」罠カードをセットする効果を持ちます。
墓地に「落とし穴・ホール」罠カードが存在しなければ発動できないため、
2ターン目以降か、墓地に「落とし穴・ホール」罠カードを落とすギミックが必要になります。
「セラの蟲惑魔」が場にいる状態で発動できれば、「落とし穴・ホール」罠カードを3枚セットできるため非常に強力です。

 

カズーラの蟲惑魔(評価:★★★☆☆)

このカードが場にいる状態で「落とし穴・ホール」罠カードを発動すると、
蟲惑魔モンスターをサーチ・リクルートすることができます。
このカードの召喚・特殊召喚をするよりも、
効果のある「トリオンの蟲惑魔」、「ティオの蟲惑魔」に召喚・特殊召喚を優先することが多いため、
このカードの出番は少ないと思います。

 

アトラの蟲惑魔(評価:★★★☆☆)

「落とし穴・ホール」罠カードを手札から発動できる変わった効果を持ちます。
「トリオンの蟲惑魔」、「ティオの蟲惑魔」に召喚・特殊召喚を優先することが多いため、
やはりこのカードも出番が少なめです。

 

フレシアの蟲惑魔(評価:★★★★★)

デッキにある「落とし穴・ホール」罠カードを墓地に送り、そのカードと同じ効果を発動することができます。
蟲惑魔モンスターであり、汎用エクシーズモンスターでもあります。
このカードが嫌われるほど強力だったのは過去の話ですが、
今でも蟲惑魔の汎用エクシーズモンスターとして十分に活躍してくれます。

アロメルスの蟲惑魔(評価:★★★★☆)

墓地の昆虫・植物族のレベル4モンスターを特殊召喚する効果を持ちます。
効果自体は汎用性の高い効果なのですが、「ティオの蟲惑魔」とほぼ同じ効果ですので、
あちらで事足りることも多いです。
効果を使った後はバニラ同然なので、セラやクラリアのリンク素材にするのがいいと思います。

 

セラの蟲惑魔(評価:★★★★★)

現在の蟲惑魔デッキには必須カードとなっています。
「クラリアの蟲惑魔」と同様にこのカード1枚を維持し続けることでたくさんのアドを生み出すことができます。
いかに「セラの蟲惑魔」、「クラリアの蟲惑魔」を維持できるかが勝敗のカギを握るといっても過言ではありません。

 

落とし穴・ホールカードの紹介

底なし落とし穴(評価:★★★★★)

恐らく、一番使いやすい落とし穴です。
モンスターを裏守備にしつつ表示形式の変更も封じるため、
リンクモンスター以外のほとんどのモンスターを封じることができます。
「セラの蟲惑魔」を守りつつ効果を発動できるので、とても汎用性が高いです。

 

墓穴ホール(評価:★★★★★)

うらら、増G、ニビルといった汎用手札誘発を無効化できるため、ほとんどのデッキに有効なカードとして働きます。
また、2000ダメージも蟲惑魔の打点不足を補ってくれるため、非常に相性がいいです。

 

狡猾な落とし穴(評価:★★★☆☆)

序盤のような墓地にカードが存在しない場面で発動するのが基本的な使い方です。
もちろん、後半では腐ることが多いのでデッキに採用する枚数は検討した方がいいです。

 

絶縁の落とし穴(評価:★★★☆☆)

「底なし落とし穴」が効かないリンクモンスターに有効なカードです。
ルール改定により、以前よりリンクモンスターの採用が少なくなっているため、腐ることもありますが、
自身のリンク召喚でも発動できることは覚えておいて損はないです。

相性が良さそうなカード

幻影騎士団シェード・ブリガンダイン(評価:★★★★★)

「セラの蟲惑魔」の効果を能動的に発動することができるため、
現在の蟲惑魔デッキには必須カードともいえるでしょう。
発動後は「リダン」のエクシーズ素材にすることで、頼もしい戦力になってくれます。

王家の神殿(評価:★★★★★)

私は結構評価しているけど、あまり使われていないカード。
一度エラッタされているとはいえ、効果の強力さは健在です。
主に「セラの蟲惑魔」でセットしたカードをそのターンの内に発動可能にするのが役割です。

 

金満で謙虚な壺(評価:★★★★★)

「蟲惑魔モンスター」+「王家の神殿」または「シェード・ブリガンダイン」
がないと初手展開があまりできない蟲惑魔にとって、
このカードはかなりの強化カードです。
今までサーチが困難だった「王家の神殿」と「シェード・ブリガンダイン」の疑似サーチとして使います。

 

フォーマッド・スキッパー(評価:★★★★★)

自身の名前を「セラの蟲惑魔」にすることで「セラの蟲惑魔」をリンク召喚できます。
「セラの蟲惑魔」をリンク召喚するのが基本戦術になるこのデッキで、
このカードはかなり重宝します。
リンク素材になった後の効果で、後述する「パラレルエクシード」をサーチできるのも魅力です。

 

パラレルエクシード(評価:★★★★★)

リンク召喚成功時に、手札からリンク先に自身を特殊召喚する効果し、
さらにデッキから「パラレルエクシード」を特殊召喚する効果を持ちます。
つまり、このカード一枚でランク4モンスターを特殊召喚できるため、
ランク4で戦うのが基本の蟲惑魔デッキととても相性がいいです。

 

クロノダイバー・リダン(評価:★★★★★)

先述した「幻影騎士団シェード・ブリガンダイン」と非常に相性が良く、
このカードと「セラの蟲惑魔」を場に並べるのが非常に強力です。

最後に一言

今回の記事はいかがだったでしょうか。
待望の蟲惑魔新規カードということもあり、新弾が非常に楽しみですね。
よく「汎用蟲惑魔サーチ」カードが欲しいという声を聞きますが、
そういうカードが存在しない「ちょっと使いにくい」、「デッキ構築が難しい」っというところが
蟲惑魔らしくて私は好きなんですよね。
それでは、今回はこの辺で。
また次の記事でお会いしましょう。

フォローお願いします(Follow me)!