【Aviutl】文字を3D化する方法(グラデーション)

皆さんこんにちは。クロトといいます。
今回は、Aviutlを使って文字を立体的に表現したうえで、
さらに文字にグラデーションを加えようと思います。
文字にグラデーションをつける方法はいろいろあるとは思いますが、
とりあえず、私が使っている方法をお伝えします。

事前準備

文字を3D化するのにあたって、以下の外部スクリプトを使います。

・さつき氏のスクリプト
 導入方法はこちら

3D文字(グラデーション)

テキスト(標準描画)

パラメータの調整(①)

各種パラメータを調整してください。
ただ、文字にグラデーションを加えるので、大きめの文字の方が見やすいかもしれません。

標準文字を選択(②)

縁取りは後で付けますので、標準文字にしておいてください。

グラデーション

グラデーションに合わせて幅の調整(①)

今回は凸型のグラデーションを行っていますので、画像のパラメータはその時のサンプルとなっています。
文字の大きさに合わせてグラデーションを調整してください(主に幅)。

凸型に設定(②)

文字のグラデーションは凸型が一番映えると思います。
もちろん色や形はお好みで調整して下さい。

縁取り

サイズ

文字の大きさに合わせて調整してください。
私は大体5くらいで使っています。
グラデーションの後に縁取り処理を入れるといいと思います。

アニメーション効果

「一方向に並べる@ANM1」を選択(①)

先ほど導入したスクリプトから「一方向にならべる@ANM1」を選択してください。

個数(②)

立体的に表現するために、文字を重ねる個数を指定します。
大体5くらいでちょうどよくなると思います。

間隔(②)

立体的に表現するために、文字を重ねる間隔を指定します。
表現したい文字の角度によりますが、「5.0」くらいがちょうどいいと思います。
「‐5.0」などのマイナスの値にすると、文字が逆方向に向いているようになります。

角度(②)

こちらは感覚と違い、上下方向に文字を傾いているように表現できます。
お好みで調整してください。

参考URL

https://aviutl.info/anm1/

フォローお願いします(Follow me)!